交通事故の必須知識

交通事故の慰謝料請求の手順

交通事故の被害者になった場合、損害賠償金や慰謝料などは症状固定となってから、相手方から示談の和解案として金額が提示されます。このときの相場は、交通事故による自賠責補償の範囲内となっているのが一般的ですので、保険会社としては自腹を全くきらずに済む金額となっています。しかし、被害者としては後遺症でも残っている場合には納得できないことも多いので、交通事故に詳しい弁護士に手続きを依頼するケースが少なくありません。この場合、まず弁護士が保険会社と交渉してみて、増額が見込めない場合には、訴訟をするという手順になります。裁判上で任意の和解になることもあれば、判決まで争うこともありますが、弁護士が相談の時に増額の可能性があるといったケースならば、慰謝料が増える確率は高いです。ただし、示談の時よりも現金の受け取りは数ヶ月以上遅くなってしまいますので、注意が必要です。弁護士費用は、弁護士費用補償特約で払われることもあります。

交通事故にあった時の慰謝料の計算方法

交通事故にあった、慰謝料の計算法

一言で慰謝料、といっても実際かかった金額の事も精神的苦痛にしても色々あります。保険から貰う慰謝料と呼ばれるものは交通事故の場合は自賠責法、というので決められています。一日、4200円という相場にA.入院期間に通院期間を足したもの B.入院期間に実際通院した日数を足して2をかけたもののAとBのどちらかの日数の少ない方になります。ただしこの自賠責保険は一人あたりの上限が120万円までです。越えた部分は任意保険か相手に請求となります。その他に会社を休んだ場合、休業損害というのもあります。交通事故の慰謝料の場合、保険会社や弁護士とも計算方法が違います。保険会社に提示された金額に納得がいかない場合は我慢せず交通事故紛争処理センターや弁護士さんに相談してみることをお薦めします。また計算を正しくして貰うためにかかった費用、通院の場合には交通費等いくらかかったか控えておくことが必要です。タクシーを利用した場合には領収書をもらうようにしておくことが必要です。

交通事故で弁護士が代理人になるメリット

交通事故の当事者になってしまった場合に、弁護士を代理人として選任することのメリットはどこにあるのでしょうか。
自分で相手方との交渉をすべて行うのであれば、費用は一切発生しないので、金銭的な負担はありませんが、多くの人が弁護人を選任しているのには、それなりの理由があります。
交通事故で自分が怪我をしてしまった場合には、弁護士が本人に代わって交渉などの活動してくれれば、怪我の治療に専念することができます。
また相手方との交渉を行う際に、法律的な知識をもとにして、できるだけ高額の示談金を得られるよう、または相手方への賠償金額をなるべく少なくするなど、金額的にできるだけ有利になるように本人に代わって活動をしてくれます。
一生のうちに、何度も交通事故に遭うことはまれで、ほとんどの人が初めてのアクシデントのため、法律的な知識もなく、かならずしも最善の交渉ができるとは限りません。そんな時に代理人として依頼する費用は発生するものの、最善の交渉結果を導くための手段として、多くの人が弁護士を利用しているのです。交通事故の弁護士、代理人として、慰謝料、示談の交渉にあったってもらえるのは非常に心強いことと言えるでしょう。